5Gになったら今のスマホやSIMカードはどうなるの?楽天モバイル自社回線化での対応は?

こんにちは。僕は現在自分のスマートフォンは、docomoで契約したXperia XZを楽天モバイルに乗り換えて使っています!
ふと、「最近話題の5G回線になっても今のスマホは使えるの?」「楽天モバイルの自社回線化が始まるけどどうすればいいの?」といった疑問が生まれたので、自分なりに調べてみました。

5G回線とは? LTEと何が違う?

「5G」というのは”Fifth Generation”の略で、第5世代移動通信システムのことになります。その特徴は、高速大容量・低遅延・他接続 の三拍子揃った、日々発展しているIoT社会の未来には必要不可欠なシステムとなります。
実用化は2020年頃と言われ、その導入が各所で検討されています。

「高速大容量」 -LTEの20倍以上の通信速度-

5G回線の一つ目の特徴は高速大容量通信です!
最大で20Gbpsもの通信速度と言われており、今の4G(LTE)回線が0.1Gbps~1Gbps程ですからその違いは歴然ですね!
ちなみに3G時代は2Mbps(0.002Gbps)程度… 成長速度にびっくりしますね…

「低遅延」-LTEの1/10の遅延-

2つ目の特徴は低遅延!
その遅延時間は1ms(1/1000秒)となっており、なんとLTEのわずか1/10程度となっています!
低遅延については、手術ロボットを利用した遠隔医療や、自動運転で特に重要になってくると言われています。どちらもリアルタイムでの操作が必要となってくるので、ますますの発展が期待できますね!

「多接続」-LTEの10倍以上の同時接続数-

そして3つ目の特徴は多接続です。
なんと1平方キロメートルあたり100万機器も同時接続できます!
これは従来の10倍以上となっています。

5Gが導入されたら今のスマホはどうなる?

この問題ですよね~、気になっていたので調べてみました!(2019年4月現在)

5Gのためにスマホ本体の買い替えが必要?

まずはスマホ自体の問題ですね。これについては残念ながら、5G対応の通信端末に変えなければ5Gは使えません。
まだ5G自体は運用されていませんが、2019年発表の機種でも5Gに対応しているものが20機種以上もあるとのことなので、
2020年の5G運用開始までに機種変更の予定がある人は5Gに対応しているかも検討材料に入れたほうが良いと思います。

iPhoneの5G対応機種は?

こちらについてはappleからの公式情報はまだ発表されていませんが、2020年には対応iPhoneが投入されるとの予測が為されています。
しかしappleと5Gモデムの大手メーカーであるクアルコムとの訴訟問題もあることから、一部関係者からは「供給が遅れ2021年に先送りになるのではないか」といった予測が出ています。
iPhoneについてはユーザー数の多さから、対応が遅れることの影響は大きいのではないかと思いますね…

SIMカードは5G用に交換不要?

SIMカードについてはキャリアが今後5Gに対応するのであれば、現状の情報としては使えるものと思われます。
ただ、5Gに備えてeSIMなど新型SIMの開発も進んでいるため、今後交換が必要となる可能性もあります。

楽天モバイルの自社回線化に向けてしなければならないことは?

今回5Gの周波数を割り当てられたのはNTTドコモ、KDDI、ソフトバンク、そして楽天モバイルの4社です。
楽天モバイルは2019年10月以降順次自社回線への移行していくことを発表しています。
楽天モバイルの自社回線を使うには自社回線対応のSIMカードを使用する必要があります

2019年3月14日10時以降に楽天モバイルを申し込んだ人は10月以降順次SIMカードが郵送されるため、そちらに差し替えることで交換が完了します。
それ以前に既に契約しているユーザーについてはまだ公式なアナウンスが出ていませんが、おそらく同様に順次交換していくのではないかと思います。

まとめ

5Gの新しい性能によって個人利用だけでなく様々な技術への活用が期待されるのは純粋に楽しみですね!
ただ個人利用においてはスマホ買い替えなどお金や手間が掛かってしまうのが少しネックかな、と思います。