転売禁止法施行!行けなくなった時も罰則になるの? 具体例まとめ

こんにちは、管理人です。
2019年6月14日より「チケット不正転売禁止法」が施行されます。どんな時に対象となるのか? 罰則は何か? その他注意点などについてまとめてみました!

「チケット不正転売禁止法」とは?

概要は下表の通りです。

名称 「特定興行入場券の不正転売の禁止等による興行入場券の適正な流通の確保に関する法律」
目的

・特定興行入場券の不正転売を禁止
・その防止等に関する措置等を定めることで、興行入場券の適正な流通の確保

・上記をもって興行の振興を通じた文化及びスポーツの振興並びに国民の消費生活の安定に寄与、心豊かな国民生活の実現に資すること

禁止事項 ・不正転売の禁止
・不正転売目的の譲受けの禁止
罰則 1年以下の懲役若しくは100万円以下の罰金又は併科
その他 興行主等、国及び地方公共団体に対して興行入場券の適正な流通の確保に関する措置(義務・努力義務)が定められている

参考:チケット不正転売禁止法|文化庁

ざっくりと言うと、興行券の転売の罰則化転売防止措置の明確な規定を行うことで、文化の振興を図る法律です。

どんなときに罰則の対象となる?

それでは具体的なケースを見ていきましょう。

不正転売チケットを買う側は対象外

この法律の中で罰則の対象になるのは、下記の二つの行為です。
・不正転売の禁止
・不正転売目的の譲受けの禁止
まずこれでわかるのが、不正転売チケットを買う側は同法の罰則対象ではなくあくまで売る側、ということです。買う側ではなく売る側が対象になります。
ただし、この法律とは別に刑法の「盗品等関与罪」(盗品や不正目的で入手した財産のやり取りに関する法律)に該当する可能性もあるため、あまりお勧めはできません。

サイン会、握手会等のチケットは対象外

同法で対象となっているチケットはあくまで「興行入場券」。
興行とは、映画・演劇・音楽などの芸術・芸能と野球・サッカー・オリンピックなどのスポーツのことです。
そのため欅坂46の握手会のチケットだったり、でんぱ組のチェキ会のチケットなどは規制対象外です。

販売価格と同額・それ以下の場合は対象外

そもそも不正転売とは、「興行主に無断で、業として販売価格以上の値段で転売をすること」です。すなわち、同額やそれ以下の価格での転売は規制対象になりません。
ちなみに、この販売価格に発券手数料・システム利用料などが含まれるのか等ははっきり規定されていないので、グレーゾーンになっています。解釈によりますので注意しましょう。

都合が悪くなり、やむを得ず転売する場合は対象外

これも不正転売の定義に関わるのですが、不正転売はあくまで業として(反復継続の意思をもって)行う転売行為。なのでこちらのケースも対象外となります。
反復継続の意思をもって行う行為なので、初回の転売でも「転売でこれから稼いでいくぞ!」といった意志を持っていれ立派な業です。(ですが、実際は過去実績もない場合はなかなか検挙されづらいと思われます。)

チケット当選権の転売は対象外

個人的にこれはチケット不正転売禁止法の穴で、対策が必要なところだと思います。
同法で規制されているのはあくまで「興行入場券」の不正転売。購入権利については規定されていません。そのため、
もちろん主催者側の設定した規約には違反するため、チケット使用不可などにはなる可能性がありますが、罰則にはなりません。

東京オリンピックも不正転売禁止法の対象になるの?

2020年に控える東京オリンピックの入場券ですが、これももちろん不正転売禁止法の対象となります。
むしろ、このタイミングでの同法の施行の背景にはもちろん東京オリンピックの開催を含んでいるので当然といえば当然ですね。

転売での罰則のリスクをなくすには?

では、当選したけれどどうしても行けなくなってしまった場合はどうすればよいのでしょうか?

もちろん転売目的ではないのなら罰則対象にはなりません。念のため注意点をまとめました。

・チケット譲渡には公式のリセールサービスを使う

これが一番確実な手です。リセールサービスとは簡単に言えば公式の転売システムのことで、定価で適法でチケットを売り渡すことができるサービスです。

東京オリンピックに関しても2020年春以降からサービス開始予定となっているので、これを使えばまず間違いないでしょう。

・定価以下で売る

基本的に上記サービスを使うのが大前提ですが、なんらかの理由で公式のリセールサービスを使えない時には、定価以下で売るのがベターです。
しかし、おそらく本人確認等どんどん厳しくなってくるかと思われますので、適法であっても非公式な手段の転売はおすすめできません。

まとめ

ついに正式に不正転売に罰則ができたので、ダフ屋行為などは減っていくかとは思います。個人的にはとてもうれしいです。
ただ、まだまだ抜け穴などは存在してしまっているとは思うので、今後運用していく中で最適な形になっていくことを望みます。